2023年12月の星情報☆

 少々早いですが、12月の星の動きをお届けいたします
 12月の新月は13日の午前8時33分、満月は27日の午前9時34分
 1日現在、太陽・水星・火星が射手座にありますが、
水星は日付が変わる少し前の23時半過ぎに山羊座入りします。
 太陽と火星は15日まで射手座にて合圏内で、
いかにも年末の慌ただしい雰囲気、同時にいくつものことを忙しなく行うようなエネルギーが強そうです
 しかし、火星は5日まで魚座土星とスクエアで、
精神的な気迷いの多さによって、進もうとするエネルギーに対して抑制が働き、
ストレスが強まりやすい流れに…。
 無理が祟っての事故やアクシデントには、注意が必要です💥

 1日現在、金星は天秤座末で山羊座冥王星とスクエア。
 金星は5日未明に蠍座入りするものの、9日までこのアスペクトを維持。
 社会的序列のなかでのセクハラが起きやすそうですが、
蠍座金星になると秘密の関係においての感応度が強まる可能性も…
●でも、ほぼ同時に1―11日は魚座土星とのトラインも生じて、
愛の誠実さやマジメさに立ち戻り、本命との強い絆を確かめあうような動きが出てきそう
●さらに、5―15日には牡牛座木星と、16―26日には牡牛座天王星とのオポジションが生じます。
 金星-木星は大きな浪費をしやすそうなエネルギーですが、
蠍座-牡牛座にて成立しているため、年末に向けて金融面の過剰な動きが起きる見込みがありそう💴
 金銭や財運への執着が、大きな流れを作っていくことでしょう。
 金星-天王星は、特定の相手に執着的愛情を持つにもかかわらず、変化しやすく、
複数の恋愛対象の間で膠着状態が発生する場合もありそう
 財運的にも、ふいの変化によって投機の損失を招くなどの恐れがあるとき。
●下旬になると、21―30日に魚座海王星とのトラインが形成されて、
ロマンティックな愛の交流が実っていく可能性も…
 相手との究極の心の分かちあいをめざすことができそうですが、
相手に自分の理想を投影してばかりいると、客観的現実が見えてこない恐れもあります。
 
 金星は30日朝に射手座入りします。
27―1/7は魚座土星とのスクエアに見舞われるため、
恋人との華やかな年末年始イベントを望んでも、忍耐や我慢を強いられる
 または、選択肢が多すぎて、すべてを実現するのは無理ということになるのかも…。

 1日夜に山羊座入りした水星は、13日夕方から逆行に入ります。
 2―23日は牡牛座木星とのトラインが生じ、
現実問題に実務的見地から取り組んでいくことができそう
 水星逆行中は、未整理のまま残されているような過去の問題をやり直すための考えを持つことができ、
じっくりと内面にて納得いく答えを導きだせそう
 逆行水星は23日午後に射手座末に戻ります。
 22―1/15は魚座海王星とのスクエアが生じます。
 理想的な状態を望みすぎて、とりとめもなく迷いやすい流れになりがち。
 宗教に入れ込んだり、詐欺に騙されるなど、客観性を失って思い込みやすい期間
 うまい話には注意すべき。

 射手座太陽は9―25日に魚座海王星とのスクエアに陥ります。
 イスラエルとハマスの戦闘を生んだユダヤ教とイスラム教の歴史的因縁など、
世界的な宗教の葛藤が大きくなりそうなエネルギー
 世界情勢の混沌化が抑えられなくなり、人々の精神状況が支えとなるものを強く求めそう。
 SNSのなかでのニセ情報に振り回されないよう、気をつける必要があり💡

 太陽は22日昼過ぎに山羊座に進みます。
19―26日は水星と合圏内になりますが、
射手座末太陽に対する山羊座初めの水星、山羊座初めの太陽に対する射手座末水星の合にて、
生命力全体と思考の間に微妙なクロスオーバーが生まれそう。
20―1/4は太陽と牡牛座木星とのトラインが形成されます
 山羊座太陽になってからは、地のサインの堅実さや実際性が際立つものとなり、
地に足の着いたよい新年を迎えられることでしょう。

牡牛座木星と魚座土星、牡牛座天王星と魚座海王星、魚座海王星と山羊座冥王星は1カ月を通して、60度のセクスタイルを維持します
 木星-土星来年4月中旬までの長期にわたって形成されるアスペクトで、
財運や不動産運を表しますので、有効活用しましょう
 天王星-海王星は1月上旬まで続き、純粋な精神的探求や直感力に関する努力をもたらします
 そして、最後の海王星―冥王星のセクスタイルについては、
オーブ6度までとるならば、なんと2038年5月まで続くアスペクトとなります

 来年1月に冥王星が水瓶座入りしてからも魚座末海王星との間で続き、
徹底加速していく情報社会の、新しい実験的なテクノロジーの数々が、
魚座海王星の宇宙的霊力や精神性に支えられて、展開していきそうです。
 さらに、海王星がとうとう12サインの始まりである牡羊座に達する2025年3月末からは、
牡羊座海王星と水瓶座冥王星のセクスタイルとして、寄り添うようにコラボしながらそれぞれの度数を上げていくことになります

 2038年5月下旬に海王星が牡牛座入りしてほどなく、両者のコラボは終わっていきますが、
情報社会のすさまじい技術革新を示すものと予想される水瓶座冥王星を、精神的にまたはイマジネーションの観点から支えていくことになるのが、
新しいサイクルに入った牡羊座海王星になるものと考えられます。

 2023年最後の星の動きには、今後の15年ほどの展開を予期させるような芽生えが感じられました。
 近視眼的に目の前のことだけに追われて生きるのではなく、
もっと、より長期のスパンで宇宙の波動を感じとり、
ダイナミックにうねりながら変遷していく現実において、自分の立ち位置や進んでいく目標を見定めていきましょう
 今年も残すところ、あと1カ月ほど。
 最後の1日まで、力を尽くして進んでいってくださいね

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

この記事へのコメント

2024年04月
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30            

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介