水瓶座土星が逆行に入りました…

 昨日23日の18時20分、水瓶座土星が逆行を始めました
 昨年の12/17に水瓶座入りし、13.31度まで度数を進めてきましたけれど、
ここからしばらくは後ろ向きの旅に出ることに…。
 再び順行に戻るのは10/11ですから、ほぼ4か月半の内面への旅となります。
 6.52度まで戻りますので、
来年末まで維持される牡牛座天王星とのスクエアは、8月下旬から10月末までオーブ6度を超えていきます(今の経済的波乱は、ワクチン接種の加速で多少は緩む?)。
 
 土星は水瓶座においては、あらゆる社会的秩序や序列を変化させることに関わるものの、
シビアな抑制者であるだけに、次々に出てくる様々な発明や発見に対して、用心深く隙のない態度で臨みます

 この現実家の土星が逆行するときには、日々の出来事がスローダウンしていくので、
私たちは直面している生活の戦いにおいて、よりよい手段や進行の仕方を精査していくことができます

 土星によって、私たちは義務や責任、自らの限界など自分を律するための法則を教えられますが、
土星は重荷についての定義づけも行うことから、その逆行期間中には私たちは自分の「できること」と「できないこと」を選り分けたり、
あるいは不可能と思っていたことのなかから、可能なことを見つけることができたりします。
 これまでのやり方を見つめなおすことによって、
過去に取り組んできた義務や責任について評価しなおし、あらゆる企画を改めて精査して、よりよい現実的プランへと磨きあげていく素晴らしいときになる可能性があります


 逆行中の土星は、あなたの内面の限界に触れようとしてきます。
 これまでを振り返って、
無理なことを行ってこなかったか、意味のない余計な責務に労力を奪われていなかったかについて、整理してみるといいでしょう
 この期間には、長らくフラストレーションの元凶であったような行いや関わり方を見直していくことができます。
 自分のパターンを見直して、
より建設的で賢明なプランや手段へと変えていく意志を持ちましょう
 無理なくできること、努力することによって現実的な効果が期待できるものに対しては、
忍耐強く対応し、義務を果たしていくようにすると、後々報われることができますが、
そうでないものを賢く選別して、あなたの時間やエネルギーを奪うことになる余計な責務を負わないようにすることが大事。
 土星逆行中の今は、
自分に課せられる重すぎる義務や責務に対して「NO!」を突きつけることができるときです。

 もし、たいへんすぎることを抱えている自覚があるならば、
それを要求してくる相手に「NO!」の意思表明をして、現実的な調整を行う必要があります。

 土星逆行の期間に、私たちは自分の内面を心理学的に強化し、より実践的ですぐれた構造へと進化させていくことができます
 T土星がネータルの星に対してハードな関わり方をしている場合には、
それらの星が心理学的に強化されるべきポイントとして強調されることになるでしょう。
 自らの内側にある能力に気づき、強化していくことができるという点で、
自分の実践力や社会対応能力を上げていける進化・発展の可能性のある期間と考えられます。
 定着サイン(牡牛・獅子・蠍・水瓶)の20度までに、ネータルの星をお持ちの方は、
挑戦する必要が出てくるかもしれませんが、そのことによって報われる可能性もあります。
 報われるか否かは結局のところ自分次第でありますし、
その星のハウスやアスペクトにもよるでしょう。
 ぜひ、土星逆行を使って、自分の行動の再見直しをしてみてくださいね。

 以上、土星逆行についてお知らせいたしました

くる天 人気ブログランキング
[クリックでのご支援、よろしくお願いいたします♪]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

2024年05月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

最近のコメント

最近の記事

ラベルリスト

カテゴリ

過去ログ

商品紹介